◆なぜか通帳にキャッシュが残らない

◆購入時に予想していた以上に税金の負担が大きい

◆急な修繕費が多く負担が大きい

◆空室が埋まらず、持ち出しが増えていく

◆物件の価値が年々下がっているので、売却するタイミングを逃したかも・・・

タイミングを見極めて売却か運用の継続

少子高齢化社会・人口減少が本格化する時代へ突き進む不動産投資。売却か運用継続の見極めが大切です。

売却の必要がない不動産に対していたずらに処分を勧めるようなことしません。リノベーション等により資産価値を高める提案やより資産価値の高い不動産の資産入れ替えの提案を致します。

◆不動産会社から勧められる「家賃値引」に応じるだけになっていませんか?

◆「節税を主眼」に置いた投資の入り口だったのであれば「方向性を見直す時期」なのでは?

◆現状を解決するために建築会社からの「建て替え案」を受け入れるのですか?

◆建築会社は建てるだけ、不動産会社は売るだけ、親身に相談出来るところは?

◆家賃を上げることは「不可能」と決めつけていませんか?