遺産相続におけるトラブルは、「自分たちには莫大な遺産を残せるほど裕福ではないから関係のないことだ」と、思われている方も多いですが、実は一般的な家庭でも十分に相続が「争続」になる可能性があります。

 

平成27年1月1日の改正で相続税の基礎控除が大幅に引き下げられました。改正前まで相続税の課税対象にならなかった方々も相続税の課税対象になる可能性があります。

相続の対象不動産が分割する事が困難な場合又は現金に換金しにくい場合、「争続」の原因になることが多くあります。

弊社は、相続が発生する前から対策方法のご提案をして、「争続」にならない円満解決をサポートさせて頂きます。

既に、「争続」になって困っているという方々からのご相談も各分野の専門家と協力して問題解決に向けてサポート致します。